アイドルを「推し変」した時にすること2つ

HKT48 ペア握手

推し変・・・それは全てのファン与えられた選ぶ権利。 そんな推し変したときにするべきこと。

 

 

推し変

アイドルというものは、誰かが応援しなければ活動できません。どんなに綺麗な花でも、水を与えなければ枯れてしまうのです。

新たに好きなアイドルを見つけたときーーー人は「推し変」をするでしょう。 アイドルファンの活動において誰もが経験する分水嶺です。

 

1人のメンバーに興味がなくなっても大丈夫です。他にも可愛いメンバーは沢山居ますから。

AKB、SKE、NMB、HKT、乃木坂、SNH、JKT・・・所属メンバーは300人を超え、次々に新しいメンバーが入ってきています。

 

だからファンは色とりどりの花の中から、自分の好みを花を選べばイイのです。 飽きることなくアイドルファンを続けられます。

僕らは日々の消費活動によって楽しい時間を得ていますが、ファンだけでなく、芸能事務所、レコード会社、出版社なども潤い、全てwin-winの関係になっています。

 

これらのサイクルに必要なのは・・・まず誰かを「推す」こと。

全てはそこから始まります。 「推す」ことによってお金も消費されるのです。

 

 

AKBグループにおける推し変

この「推す」というのは、一時的では意味がありません。 ”常に”誰かを「推し」てもらわないと、成り立たないのです。

ことAKBグループに関しては、それは同じメンバーでも、別のメンバーでも構いません。AKBグループのファンという囲いに入っていれさえすれば。

ですので「推し変」というのはーーー沢山のメンバーが所属するAKBグループというショービジネスの大前提であり、根幹ともいえる大事なキーワードとも言えますね。

 

閑話休題。 運営側の話は置いておきまして。

 

自分の歴史

僕らアイドルファンは・・・たとえ数ヶ月でも、数年でも・・・その期間にそのアイドルを応援していたという事実は・・・自分の人生の歴史となって残ります。

芸能人を応援していた人が過去を振り返った時・・・「あの当時は、○○のことが好きだったなぁ」と、淡い思い出になっていることでしょう。

 

というわけで、誰かを「推す。 」そして、そのキッカケとなる「推し変」が僕らアイドルファンの人生にとって、いかに重要であるか確認したことで、本題に入りましょう。

 

 

推し変した時にすること

HKT48 ペア握手

 

1.今まで推してたメンバーに、推し変したことを告げる

推し変すると、「後ろめたい気持ち」になりませんか?

それが熱心に応援していればいるほど、その傾向があります。

 

今まで主君に使える騎士のような気持ちで忠誠を誓っていたのに・・・・

その主君を変えるという、まるで「裏切ってしまった」かのような妙な罪悪感がありますよね。

 

まるで天下取りが目前だった織田信長を、本能寺で裏切った家臣の明智光秀になったかのような気持ちになってしまいます。

 

ですので、もやもやした「後ろめたい気持ち」からオサラバするために、ここはキッパリと、推し変したことを告げましょう。

メンバーにとっては余計なお世話かもしれませんね。言わない方が良いのかもしれません。

ですが、もしも認知されていたほどに関わって応援していたのなら、そのまま密かにメンバーに推し変するよりも、ファンレターなりSNSで「推し変」したことを告げたほうがスッキリすると思います。

 

 

2、新たな推しメンに、推し変してきたことを告げる

密かに新しいメンバーに「推し変」してファンをしていると、まるで隠れて浮気でもしてるかのような・・・なんとも言えない気持ちになってきます。

軽い気持ちで応援する程度なら良いのですが、もしも認知されるほどに熱心なファンが「推し変」した場合、新しいメンバーにも認知されるようになるかもしれませんね。

 

ですので、推し変したメンバーにも、最初のうちに「○○から推し変した」ことを告げて置いたほうが、スッキリと新たな気持ちで、新しい推しメンを応援できるはずです。

そのほうが、新たなメンバーだけを考えて応援できると思います。

 

 

以上です!

たった2つ・・・されど2つ・・・。

特に熱心に応援されている方はーーーこの2つを心がけて置いたほうが、後腐れなく、スッキリと新しいメンバーを応援できると思います。

素敵なアイドルライフを!

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.