AKB48と「マズローの欲求段階説」

マズロー

 

 

AKBは何故こんなにも人々を魅了し続けるのか?

それは人間の生物学的な欲求に合致した点が多いからだ。

 

「マズローの欲求段階説」で考えてみよう。

 

別名「マズローの欲求5段階説」・・・懐かしいかい?

学校で聞いたことあるかもしれないね。

これは人間の欲求を5段階に階層化した有名な理論だ。

 

人間は第1段階の欲求が満たされた時に第2段階の欲求を求め・・・次に第3段階の欲求、第4、第5と、段階的に高次の欲求を求める。

マズロー

 

まずは最初の原始的な欲求からいくよ。

 

 

1段階目の欲求 - 生理的欲求(Physiological needs)

生きたい。食べ物や飲み物を摂取したい。眠りたい・・・そして性の欲求。

 

美しく可愛らしいAKB48メンバーに惚れて、擬似恋愛をしてしまうのも性の欲求の一端だ。

 

2段階目の欲求 - 安全の欲求(Safety needs) はあまり関係ないので飛ばす。

 

 

3段階目の欲求 - 社会欲求と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)

ここにエッセンスが詰まってる。

 

愛の欲求・・・

愛したい/愛されたい欲求。

ファンが推しメンバーへ捧げる無償の愛と合致する。

 

人によってはメンバーに自分の顔と名前を覚えてもらいたい(認知されたい)と願う。

大量のCDを買い長時間握手をするなど、様々な手段でアピールする。

メンバーから特別に想われたい、愛を求める欲求の一端だ。

 

 

社会的欲求・・・

これは要するに”帰属意識”だ。

○○推し、チーム○○推し。○○○48推し(AKB/SKE/NMB/HKT/乃木坂etc・・・)

人々は声高らかに自分は○○推しであると宣言し、そして推しTシャツを身に付け、推しタオルを首に巻き、ペンライトを掲げ、人によっては派手なコートに名前を刺繍する(特攻服だ)

そうすることで帰属意識が満たされる。

さらに「自分は認められている」と感じ、「価値のある人間だ」と思える。

 

 

4段階目の欲求 - 承認(尊重)の欲求(Esteem)

人よりも優れていたい・社会的に認められたいという欲求。

圧倒的なCDセールスの起爆剤になる。

 

これは総選挙に合致する。

ファンというのは自分とメンバーを同一視して捉えている(大事な説明)。

だからメンバーの活躍が自分のことのように嬉しい。

 

選抜総選挙では

自分の大好きな推しメンバーが、それ以外のメンバーよりも優れた順位であって欲しいと望む。

他のメンバーよりも優れたポジション(センター)で歌って欲しいと渇望する。

それは投票の動機付けになる。

 

 

AKBが人々を魅了するのは、人間が本質的に最優先する欲求が絡み合い、場合によって満たされるからだ。

そしてセールスに直結する仕組みにもなっている。よくできている。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.