ヤングジャンプNo.3 バイトAKB 33人水着グラビア掲載 【2015年 1/15号】

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 (3)
  • 12月18日発売のヤングジャンプNo.3(2015年 1/15号)
  • バイトAKB48の33人が巻頭で水着グラビア掲載

 

ヤングジャンプNo.3(2015年 1/15号) 表紙

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 (1)

 

 

バイトAKB 33人 水着グラビア掲載

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48  (2)

 

 

感想

僕はバイトAKBをまだ知らない。

彼女達を見たのは、宮脇咲良たんが出演しているバイトルCMのバックダンサーとして、そしてそのCMメイキング、それから先日のAKBINGOで数名が出演しているのを観ただけ。

どのような女が所属しているのか知らなかった。

 

今週のヤングジャンプはそのバイトAKBの中から、水着OKな33人が一挙に掲載されているんだ。

彼女達を知るには良い機会だ。

 

ましてグラビア掲載とくれば尚のこと。

グラビアは僕の領域だ。

 

グラビアを通して彼女達を知るのが、僕には一番相応しいだろう。

これまで培った審美眼で、全ての花を見定めよう。

 

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48   (4)

 

 

ヤングジャンプのバイトAKBグラビアで誰が一番可愛かったか

 

最初に言ったとおり、僕はバイトAKBのことを何も知らない。

パーソナルな面は当然知らない。

先入観は一切持っていない。

完全に容姿で選んだ。

 

 

今週号の33人から選ぶなら、僕の好みはこの子かな。

バイトAKB 荻野由佳kr

荻野由佳(おぎのゆか) 1999年2月16日生まれ。埼玉出身 高校1年生。

 

だからと言って、今日から推しメンとか、そういう次元の話では全くないし、そんな気持ちは微塵もない。

33本の花の束から、ファーストインプレッションで1本選んだだけという話さ。

 

僕の心には宮脇咲良がいるんだ。宮脇咲良以外の女には基本的に興味がない。

僕が推しメンを選ぶということは、それは宮脇咲良に匹敵する情熱を捧げるということ。

 

写真を1枚みて、今日から推しメンなんてことは有り得ない。それは宮脇咲良たんに対する冒涜でもあり、軽々しく口にできない、恐れ多いことさ。

 

 

それから、好きなグラビアとして1枚選ぶ。

気に入ったグラビアはこれだ。

バイトAKB 菊池智美  (1)

菊池智美(きくちともみ) 1994年9月14日生まれ 埼玉県出身

 

お気に入りのグラビアは得てして後から変わったりするものなのだが、今の僕の感性ではこの2枚が良かったよ。

 

 

追記

少し画像を追加しておくね。

 

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 中川里菜(なかがわりな

中川里菜(なかがわりな) 1995年7月31日生まれ 神奈川県出身

 

 

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 (7)

海老沢恵美(えびさわめぐみ) 1996年9月26日生まれ

 

 

AKBINGOで観た人

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 (12)

鈴木優民(すずきゆうみん) 1992年10月22日生まれ

AKBINGOに少しだけ出ていたね。

 

 

伝説の人

ヤングジャンプNo.3 バイトAKB48 (10)

佐伯美香(さえきみか) 1989年10月29日生まれ

柏木由紀とのユニット曲「てもでもの涙」のオリジナルメンバー

 

 

発売日 2014年12月18日

7net ヤングジャンプ 2015年1月15日号

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.