「アイドル青田買い」の儚さと可能性

黒髪少女ロゴ01

 

 

2つの儚さ

  • 人間は成長するものであり、特に10代成長期であれば、たった1年で別人のように変わってしまうので、好きだった時の外見と変わってしまうこと
  • フレッシュな新人だからという理由で好きになっても、新しい新人が入ればそちらに心変わりするので、結局は長続きしないこと

 

冒頭から何事だと思ったかもしれない。

 

聞いて欲しい。

最近よく思うことがあるんだ。

それは過去の経験から導きだされたこと。

僕は長きアイドルファンの活動から、一種の「悟りの境地」に達している。

 

つまりこういうことだ。

 

新しい気になるメンバーが登場しても、「結局は長続きしないだろう」と分かっているので積極的になれない、ということ。

 

 

U-16推し

僕はフレッシュな新人が大好きだった(今も好きだが)

かつての僕は「U-16を推す」という謎のルールを決めていた。

実際に、2013年の総選挙では、16歳以下の若手メンバー10人に投票した。

 

ところがあれから1年半経った今では・・・”その10人の大半に興味がなくなる”という虚しい現実が待っていた。

 

1年ちょっとで興味がなくなると分かっているのであれば、もはや最初から熱心に応援しなくても良いのだろう、などと思ってしまう。

 

以上の理由から、冒頭に書いた2つの儚さが生まれる。

 

「アイドル青田買い」の2つの儚さ

  • 人間は成長するものであり、特に10代成長期であれば、たった1年で別人のように変わってしまうので、好きだった時の外見と変わってしまうこと
  • フレッシュな新人だからという理由で好きになっても、新しい新人が入ればそちらに心変わりするので、結局は長続きしないこと

 

 

以下は、若手好きの変遷の例だ。

旧チーム4 → HKT → AKB研究生 → 新生チーム4 → チーム8

 

なんだか忙しないけど、分かる人には分かる例だと思う。

 

 

 

可能性

そんな短命な儚さを持つ、「アイドル青田買い」だが、可能性もある。

 

僕が2013年に投票した10人のU-16。

そのうちの1人が宮脇咲良だ。

 

いつも書いているけど、僕は”宮脇咲良 神推し”だ。

 

ごく希に、長く続くメンバーに出会える場合がある。

本当に希に。

 

 

だが宮脇咲良は例外中の例外だと思っている。

秋元康大先生の言葉を借りれば、宮脇咲良こそ10年に一人の逸材だ。

 

今後、アイドル宮脇咲良を超えるような若手が出てくるかと言われると、難しい質問だ。

宮脇咲良はアイドルとして逸材中の逸材だ。

 

何が言いたいかというと、こういうことなんだ。

 

僕たちは宮脇咲良に出会えて本当に運が良い。

今この世代を生きる僕たちは、宮脇咲良という、後に伝説アイドルとなる女の子に出会えた。

今日この瞬間、16歳の宮脇咲良をリアルタイムで応援できているということは、もう二度できない経験だ。

16歳の、そしてもうじき17歳になる宮脇咲良の成長をリアルタイム見守ることができる、これはとても幸せなことなんだ。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.