ダイソーのカリカリ梅おいしい。しかも合成着色料なし無着色

カリカリ梅2

 

僕の主食は「カリカリ梅」なのだけれど、売っているお店が少ないのが悩みの種だ。

 

たまに売っていても「合成着色料」を使って真っ赤な人工塗料が加えられたカリカリ梅ばかりだ。

 

合成着色料ってのはパッケージの原材料名を見れば分かる。

赤色209号、とか 青色28号 みたいな表記で書かれているのがそうだ。

 

 

この「合成着色料」に関すること、その危険性ついては、”家庭科”の授業で女の先生に教わった。

これは絶対に食べてはいけないのだと、女史に刷り込まれた。

あれから僕は「合成着色料」を使っている食物は絶対に口にしないようにしている。

 

しかしながら、「合成着色料」を使っていないカリカリ梅は市場にあまり売っていないので、その入手方法も限られる。

だから僕はAmazonで「無着色の梅しば」10袋入りを定期的に買っていた。

 

10袋で定価3240円だから、1袋 324円。

まぁ、それなり、そこそこのお値段。

 

関連

 

ところが先日

ダイソーに買物に行った時に、「無着色のカリカリ梅」が108円で売っていることを発見したんだ。

 

我が目を疑ったよ。

「えっ!? これ100円で買えるの!?」 ってね。

カリカリ梅

 

ありがたいことに日本国内で加工された商品だ。

ダイソーには2種類のカリカリ梅が売っていたけど、上の写真の方は国内加工品だと銘記されている。

 

もしもあなたが、僕と同じようにカリカリ梅が好きだったのなら、一度試してみてはいかがだろうか。おいしいよ。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.