円高の頃は良かった

ドル 円

 

 

2010年頃は1ドル=86円くらいだったと思う。

10ドルの買物をしても860円だったわけだ。

100ドルの買物でも8600円。

 

あの頃はアメリカの商品(ドル市場)が安く買えたものだ。

日本じゃ3000円出さなきゃ手に入らないようなゲームも500円くらいで買えた。

笑いが止まらなかった。

 

今は1ドル=117円だ。

10ドルの買物で1170円。

100ドルの買物で11700円。

 

 

あぁ~・・・。

スィートタイムが終わってしまった。

 

20ドル=1720円だったのが、今は20ドル=2340円。

620円も差がある。

 

単純に、日常的に1720円で買えたものが、2340円に値上がったことになる。

だからどうしても20ドル=2340円と聞くと「高いな!」と思ってしまうのだ。

 

身近な物で例えると、そうだな。

 

例えば、AKB48の劇場盤CDが、1000円から1357円に値上がりしました! ってのと同じだ。

AKB48の劇場盤が1枚 1357円に値上がり。

10枚買って10,000円だったのが、13,570円になるということだ。

 

想像してみると地味に嫌でしょ?

 

 

もちろん日本経済にとっては円安の方が良いのだけれど、しかし個人に経済効果の恩恵が届くには時差がある。

今は輸出にはいいけど輸入にはおいしくない。

個人レベルの買物に関しては、円高の方が良かったと思うこの頃である。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.