Hulu マジすか学園4 5話の感想 【宮脇咲良】

マジすか学園4 5話 さくら  (3)

 

第5話は見どころ満載だった。

いよいよ神ドラマとなる兆しがした。

 

 

マジすか学園4 第5話の感想をひとつ。

今から書く内容は盛大なネタバレになるので気をつけてね。

 

 

 

 

 

TV放送版

マジすか学園4 4話 バカモノ (3)

今回は、まず日本テレビで放送しているTV版について話そう。

僕は「マジすか学園4」を Hulu の先行配信で観てしまっているので、1週遅れのTV放送は、録画はしてはいるがレコーダーを再生まではしていなかった。なぜなら、Huluで既に2回くらい観ているので、またTV版を見る必要がないからだ。

なにしろTVで3話が放送された時、Huluでは次の4話が配信される仕組みになっている。こうなると続きが気になる4話を優先的に観てしまうのは自明の理だ。

 

だけど先日、我らが月の女神の宮脇咲良たん様が、自身のGoogle+で「TV版を観て欲しい」とおっしゃっていた。宮脇咲良たん様のご命令とあらば、どんな内容でもこの身で飲み込んでみせる。彼女の放った光の言葉は、鉄の掟として従う。それが「宮脇咲良 神推し」である僕の務めだ。だからTV放送版もチェックした。

 

今週TV放送された第4話は既にHuluで2回も観ているのだが、TV放送の大きな画面で見ると、より大迫力、主人公「さくら」の凛々しさも一層美しい、Huluとは一味違った「マジすか学園4」が楽しめた。今後は定期的にTV放送版もチェックしようと思った。

 

 

 

第五話の感想

第五話は見どころ満載だった。

今回はヤンキードラマの要素が強い。

随所で見られる、切れるようなレディースの演技が良かった。

 

 

マジック

今週の敵は3人目の四天王である「マジック」。

マジすか学園4 5話 マジック

 

 

「マジック」はTHE悪役だ。

まるで北斗の拳に出てくる敵のように卑劣な性格をしている。

もしも”ケンシロウ”が居たらこう言うだろう。

「貴様には死すら生ぬるい」

 

そんな卑劣なところが”倒しがい”のある敵だった。

「さくら」に感情移入している一視聴者として、マジックの卑劣な手段には憤りを感じた。

マジすか学園4 5話 マジック2

 

心境は終始ざわざわとさせられたが、第五話とひとつの物語として振り返ると、ストーリーにのめり込んでいた。

観ていてハラハラしたのも、マジックの醸し出す不敵感がそう感じさせたのだろう。

マジックという登場人物が好きか嫌いかは置いておいて、「良い悪役」だったと思う。

物語として面白かった。

 

 

 

 カミソリ&ゾンビ

マジすか学園4 カミソリ&ゾンビ

 

第二話で理不尽な理由で”さくら”に襲いかかってきた小生意気なカミソリ&ゾンビなのだけど、この第五話では”さくら”の従順で忠実な「舎弟」になっていた。

2人の会話は面白い。

さくらは”肉まん”と”カレーまん”どっちが好きなのか。そんな理由で討論しだす。

どちらが本当に”さくら”を理解している「さくら通」なのか言い争う始末だ。

 

マジすか学園4 カミソリ&ゾンビ  (1)

 

ちなみに、普段はおちゃらけているように見えるけど、戦闘力は高い2人である。

 

マジすか学園4 カミソリ&ゾンビ (2)

 

さくらを守るためにマジックに戦いを挑む2人。

さくらを慕う気持ちは他の誰にも負けていない。

マジすか学園4 カミソリ&ゾンビ  (3)

 

 

今までは「さくら」から”にべもなく”扱われてきた2人だったが、初めてさくらに定食屋に誘われてたいそう喜んでいた。

カミソリ「やばーい! これ超おいしくない?」

ゾンビ「てゆーか涙で前が見えねーよ。さくらさんが誘ってくれるなんてよぉ」

マジすか学園4 カミソリ&ゾンビ (4)

 

これまで一匹狼を貫いてきた「さくら」であったが、徐々に2人を仲間として受け入れて始めている。

今週のマジック戦でもそれを感じた。

完全に舎弟というわけではないが、始めの頃とは変わってきている。

 

視聴者である僕も、「カミソリ、ゾンビ」を仲間のように感じている。

いつか3人が和気あいあいとしている風景も観れるのだろうか。

本ドラマの裏テーマである、さくらの成長が楽しみだ。

 

 

 

次回の敵 シロギク クロバラ

マジすか学園4 5話 クロバラ シロギク

 

第5話で新たな敵が登場した。

激おこ高校の2年、シロギクとクロバラ。(演じているのは白間美瑠と矢倉楓子)。来週の第6話では、この2人が「さくら」に襲いかかる。

 

新たな敵に登場に血湧き肉躍るような気持ちになった。

マジすか学園4がどんどん面白くなってきている。特に来週は神回の予感がする。物凄く楽しみだ。

 

 

クロバラ(矢倉楓子)

マジすか学園4 5話 クロバラ

 

 

矢倉楓子ちゃんの演じるクロバラが好きだ。

理屈じゃなくて、直感で良い。

 

もしもマジすか学園4が、”恋愛総選挙1/149″みたいなゲームで発売したとしよう。

僕が最初にクリアするのは当然「さくら」。

「さくら」を10回クリアして、さくらルートの全台詞を聞いて、完璧に”やり込み”した後、

その次にクリアするのは「クロバラ」を選ぶだろう。

 

 

 

凛々しい「さくら」

 

ここからが感想の本編。

僕の神推しである宮脇咲良たん様の演じる「さくら」について。

 

僕がこの世界で崇める女神は宮脇咲良だけ。

自由奔放な僕だが「宮脇咲良の掟」 だけには屈するのだ。

 

しかしながら、マジすが学園4に登場するのは宮脇咲良であり宮脇咲良ではない。

「さくら」だ。

 

「さくら」は可愛さを殺しており、普段は凛々しい。

 

前回の感想では、「可愛いさくら」をピックアップした。

そこで今回は「凛々しいさくら」をピックアップしようと思う。

 

「さくら」は凛々しい場面が沢山あって絞り込むのが大変なのだが――敢えて1枚選ぶとしたら、このシーン。

マジすか学園4 5話 さくら  (3)

 

 

マジックの投げたトランプが壁に突き刺さり振り返る「さくら」。

今まさに、四天王マジックとの死闘が始まろうかとしている瞬間。

 

第五話では、この凛々しい「さくら」が1番好きだ。

あまりの美しさに心を奪われた。

 

 

さくらvsソルト

マジすか学園4 5話 さくら (1)

このシーンは観ていて驚かされた。

2人は素通りするのかと思いきや、西部劇のガンマンよろしく、いきなり振り向いて、ほぼ同時に光速パンチを放つなんて。

 

 

“さくら”のパンチの挙動に癖があることを見抜き、モーションの助言をするソルト。

「敵に塩を送るソルト」であった。

ソルトだけに。

マジすか学園4 5話 さくら

 

 

 

人のマジを笑うんじゃねー・・・ッ!

マジすか学園4 5話 さくら (4)

 

「人のマジを笑うんじゃねー」

これは僕の記憶が正しければ、マジすか学園1の名台詞。

 

1の主人公である「前田敦子」が、眼鏡を外して”ブチ切れる”時に言い放った台詞だ。

 

かつてのセンターであった前田敦子の名台詞を、新センターになる宮脇咲良たんが踏襲しているのだ。

感慨深いものがあると同時に、宮脇咲良たんの鋭く美しい眼光にシビれる。

 

 

この刹那、「さくら」は、僕が今まで聞いたことがないような、宮脇咲良たんの声で叫んだ。

このように叫ぶ宮脇咲良たんは他では観れない。

マジすか学園4では、金輪際もう二度と観れないような演技が観れる。 本当に希少価値の高いドラマだ。

 

 

プールサイドの「さくら」

マジすか学園4 5話 さくら(4) (2)

 

 

この後に、「さくら」はカミソリから肉まんを差し出されるが

「いらない」

と一言、反抗期の子供みたいに言い放つ。

 

マジすか学園4 5話 さくら  (7)

 

にべもないところが逆に可愛い。

僕も「さくら」に冷たくされたい。

 

僕は「さくら」にだったら、そして宮脇咲良たんにだったら何をされても許せる。

 

それにしても「さくら」は凛々しく、美しく、そして可愛い。

ああ、僕はもはや、24時間、365日、宮脇咲良に焦がれている!

ドラマの「さくら」は可愛くて、日常の宮脇咲良もいつも可愛くて、可愛くて、可愛くて、思えば思えば可愛くて、どうにもならなく可愛い。

 

 

宮脇咲良と「マジすか学園4」

 

いつもながら感想が長くなってしまったけど、それは至極当然ことである。

 

宮脇咲良たんはこのドラマの収録のために、家族と会う暇もないほど過酷なハードスケジュールを乗り越え、さらに冬の寒空の下での撮影、そして凍えるような寒さで体調を崩してまで挑んだのだ。

つい先日まで、このドラマのために大変な思いをしてきた宮脇咲良が、僕の心魂に刻み込まれている。

 

 

ドラマに登場する”さくら”も「マジ」だが、この撮影に挑んだ宮脇咲良たんの心中も「マジ」だったのだ。

そんなドラマであるならば、宮脇咲良たんの心を酌み、一視聴者としての感想も「マジ」で書くのが、”宮脇咲良 神推し”である僕にできる最低限の思いやりだ。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.