1TBの外付けHDDを5000円で買う時代 [PQI H568V 6568-001TR1/seegate]

1TBの外付けHDDを5000円で買う時代 [PQI H568V 6568-001TR1seegate]

 

外付けHDDにはトラウマがある。

昔バッファロー製品の320GBを外付けHDDを利用していたのだが、ほんのちょっと移動させた弾みに、プラッタ(磁気ディスク)と磁気ヘッドが衝突して、物理的に壊れてしまったのだ。もちろん中身のデータは読み取り不可能となった。保存されていた電子データは完全消滅して二度と利用できなくなったのだ。その事件があってからというもの「外付けHDDは信用できぬ、二度と買うものか」と心に誓った。

 

ところが今回、自作PCを新しく組む上で、どうしても今のPCのデータを退避させてバックアップを取る必要ができた。そこでトラウマのある外付けHDDを再び購入することになった。

 

PQI H568V 6568-001TR1

1TBの外付けHDDを5000円で買う時代 [PQI H568V 6568-001TR1seegate]

今回購入したのは、PQI製の1TBモデルの外付けHDD「H568V 6568-001TR1」だ。2.5インチHDD、USB3.0対応。

「とにかく1番安いのを買おう」という理由で商品選定をしたのだが、なんと1TBのHDDが特売セールで5,000円で購入できるのを発見して直ぐに購入した。

320GBを外付けHDDを買った時はそれ以上の値段だったような記憶がある。今は1TBの外付けHDDが5000円で購入できる時代になっていたことに驚いた。

 

中身のHDDはSeeGate(シーゲート)

1TBの外付けHDDを5000円で買う時代 [PQI H568V 6568-001TR1seegate]  (1)

製品が届いたので「CrystalDiskInfo」を使って中身のHDDの型番を調べた。

ST1000LM~ という名称で表示された。この表記はSeegame(シーゲート)製のHDDらしい。

 

これまで僕のパソコンの内蔵HDDは、ずっと日立(現HGST)一筋だった。

これが初のSeegame製品だ。SeegateWDのHDDは故障率が高いというデータを見たことがあるので避けていたのだが、まぁしょうがない。

どっちみこの外付けHDDは一時的なデータの退避が目的なので、3ヶ月~半年くらい無事に使えたらそれで良い。

 

今のところ数週間使っているが、特に問題なく使えているので安心している。

たった5000円で購入できたので、良い買い物ができたと満足している^^

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

%e9%ad%94%e7%95%8c%e3%83%a8%e3%83%a1-2
黒髪少女プロフィール
声優・アイドル・欅坂46・アニメ・自作PCパーツ・山(登山)・運動が好き。
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.