イータイピング長文スコア415 初Professor(プロフェッサー)獲得 WPM445 正確率97.72%

Young girl sits by mathematical chalkboarda

 

 

Professor(プロフェッサー)に到達。

 

今日のイータイピング長文

お題「オリジナル」

 

スコア415 Professor(プロフェッサー)

イータイピング長文415プロフェッサーprofessor WPM445 正確率97.72% (1) イータイピング長文415プロフェッサーprofessor WPM445 正確率97.72% (2)

  • スコア 415
  • レベル professor(プロフェッサー)
  • 入力時間 1分11秒05
  • 入力文字 527
  • ミス入力文字 12
  • WPM445
  • 正確率 97.72%
  • 苦手キー T U I N K

 

ついにprofessor(プロフェッサー)に到達できた。

かなり興奮している。

 

今回の教訓

手のひらの母子球、小子球を机につけることで、安定させることでミスが減り、スピードも増す。

 

あとは素早く打つ感覚が、自然と身体に染み付いていく。

 

指の三番目の間接(指の付け根の間接)のあたりを中心として、時には素早く、時には上下することで、より素早い入力になる。

ようするに、時には”手のひら“ごと俊敏に動かしてタイピングすることでで、指先だけでは出しづらいキーでも、力強い俊敏な動きをカバーしてくれる。

 

ただしWPM(スピード)に囚われてはいけない。

正確率のあとにWPM(スピード)がついてくるもの。

 

 

前回までの教訓

前回までの教訓 まとめ
①「日本語の文字だけ」見て、対応するローマ字を指で「確実に」バシバシ入力。

② ミスをしないように正確にキーボードを「少し強めに」叩く。少し強めに入力すると手に自然と力が入るので、「より俊敏に」動く。

③ WPMに正確率を掛けて正式スコアになるので、ミスを減らすことが高スコア取得には重要。同時に、ミスが減ると動きがスムーズになり、WPMも上がる。

④ 「無心で打つ・・・。」(スキルが身体に染み付いてくると無心で動く)

⑤ 文章を暗唱(それか音読)すると、タイピングの入力ミスが減る。ただし勢い余って句読点を忘れないように!

⑥ 正確率を高めるために、長文の序盤は、ミスを0にするつもりで、「ゆっくり」正確にタイピングする。中盤くらいから、乗ってきて除々にスピードアップしていく。終盤に速めに入力する(それでもトップギアではない)

⑦ ミスを1回でも減らせれば自己ベストが更新できる。ミスを減らさないように、意識して正確に入力しなければいけない。

⑧ 長文では、句読点「、」「。」の前後でミスが発生することが多い。中指の「、」薬指の「。」 この精度をもっと上げなければならない。

⑨正確率を第一優先、WMP(スピード)は第二優先にタイピングすること。ミスをゼロにする意識でタイピングすると高スコアがでる。WPM(スピード)を優先すると、入力が雑になるので高いスコアはでない。正確率を高めると、おのずとWPM(スピード)も速くなる。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

%e9%ad%94%e7%95%8c%e3%83%a8%e3%83%a1-2
黒髪少女プロフィール
声優・アイドル・欅坂46・アニメ・自作PCパーツ・山(登山)・運動が好き。
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.