BUBKA1月号 宮脇咲良 表紙&巻頭グラビア 【ブブカ】

宮脇咲良 BUBKA (1)
  •  BUBKA (ブブカ) 2015年01月号
  • 宮脇咲良 表紙&巻頭グラビア

 

 BUBKA (ブブカ) 2015年01月号 表紙

宮脇咲良 BUBKA

 

 

【表紙】
HKT48 宮脇咲良

【特集】
●HKT48 宮脇咲良
48グループ新時代の主役が登場!
覚醒グラビア&ガチインタビュー 兒玉遥と交わした約束とAKB48のセンターに 立った覚悟を告白!
宮脇咲良裏ブレイクヒストリー「ファンが語るさくら咲くまでの3年間」

●SKE48 革命の狼煙SP
宮前杏実「W松井超え」初ビキニ&新センター所信表明インタビュー
北川綾巴が激白! 「センターへの挑戦」
鉄平 vs 江籠裕奈「天使がおるがや! 」
鎌田菜月「初グラビアでいきなり直球ビキニ」
SKE48全国制覇への道「小木曽汐莉大復活祭」
SKE48裏ブレイクヒストリー外伝「最強3期生伝説」

●NMB48 戦国時代突入特集
山田菜々SEXYグラビア「欲しがりビキニ」
薮下柊が涙の激白! 「2015年は絶対に巻き返す」
話題沸騰! NMB48上西恵プレゼンツ「上西FITNESS CLUB」/吉田朱里
NMB48研究生公演レポート「いま日本で一番熱い公演がここにある! 」

●AKB48 『ウィズ』オーディション激闘録
月刊チーム歌舞伎町(コンバットREC×ア↑コガレ師匠×堀越日出夫) 梅田彩佳 と田野優花の死闘を語れ! 「俺たちの『ウィズ』」

●乃木坂46特集
高山一実 しっとりグラビア「昭和セクシー」
星野みなみインタビュー「ちょっと真面目な話」

 

 

感想

ああ、

言いたくないが、言わせてくれ、期待外れだ。

この程度だったか。BUBKA(白夜書房)は。

 

ライバル誌の「ENTAME(エンタメ)」は宮脇咲良ポスターをつけたぞ。

あおきー率いる「FLASHスペシャル」も宮脇咲良ポスターをつけたぞ。

2社とも今年の夏の前にな。

 

あれから季節が変わり、木枯らしの吹く冬になろうというのに、同価格帯の600円雑誌で宮脇咲良ポスターをつけていないのは、お前だけだ、BUBKA。

本当に仕事が遅い、亀のようにノロマな奴だ。

遅いだけならまだしも、拙い、凡夫以下のやっつけ仕事だ。

 

ちなみに上記以外の雑誌は言うまでもない。

UTB(アップトゥボーイ)も、BOMB(ボム)も、Gザテレビジョンも、週刊プレイボーイも、みんな宮脇咲良を表紙とポスターにした。

これらの優れた出版社達の仕事と比べて、BUBKAの仕事ときたらどうだ?

 

もう少し閃いた本を期待してたんだけどな。

 

これまで各出版社の出した宮脇咲良が表紙を飾った本達は――読者を楽しませようと趣向を凝らしていた。

 

普通だったら、買う前から心が躍るものなんだが、

そんな気持ちにならないというのは、相当酷いということを自覚した方が良いぞ、BUBKA(白夜書房)よ。

 

今月号は宮脇咲良を表紙にしているのだから、宮脇咲良のファンのためにつくられたものだと思ったが、まるで違ったようだ。

とんだハリボテだな。

心もなしに形だけの表紙に置くのなら、そんなものは不要だぞ。

 

BUBKAの編集者は無意味なものに執着するあまり、大事な何かを見落としている。

これはビジネスなのか、それとも趣味でやっているのか、どっちなんだ。

もう少し読者の、金を出す側のことを考えた方がいいな。

 

 

だがしかし、

 

表紙はあまりにも可愛い。

表紙の宮脇咲良の美しさに免じて、寛大な心で許そう。

 

冗談抜きに、もしも宮脇咲良ポスターがついていたら、僕は10冊以上、つまり2桁の数を買うつもりでいたんだけどな。

 

この表紙にポスターをつけてくれれば、それだけの価値があった。

BUBKAの宮脇咲良ポスターを観たかった。

残念だ。

 

発売日 2014年 11月29日

 



関連記事

コメント

    • かな
    • 2014年 12月 01日

    こんにちは♪

    やっと買いましたよ。
    なかなか厳しい評価ですね。

    私は、咲良さんのバックショットと、ロングインタビューがあるので、大満足です(・ω・)
    まだ読んでないのですけれどね、、、

    咲良さんのバックショットは、大好きなんです。
    ラインが綺麗じゃないですか?

    これがポスターなら尚素敵なんですよね(о´∀`о)

      • 黒髪少女
      • 2014年 12月 02日

      かなさん、こんにちは^^
      いつもコメントありがとうございます。

      後ろ姿、とても綺麗でしたね。
      被写体の宮脇咲良たんは完全無欠の美しさなので、何も文句はありません。

      ただグラビアは全体的に、良くも悪くもブブカ風でしたね。
      僕の心には響きませんでした。
      このぐらいのグラビアなら他誌の方が良いです。

      可愛らしさならエンタメ11月号の咲良たんが圧倒的ですし、
      美しさならGザテレビジョン1月号が段違い
      ポスターなら漫画アクション。
      総合力ならBOMB
      クオリティならUTB1月号。

      ブブカの特長は字なんですが、
      そもそもブブカの「煽り」記事は、あんまりHKT(宮脇咲良)ファンの気質に合わない気もします。

      僕がアイドルのグラビア雑誌に求めているのは、この心を癒してくれる、「可愛らしさ」、そして「美しさ」なのです。

      総じて、ブブカの特徴は活字なんで、グラビアには弱い。といった印象でした。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.