宮脇咲良 主演 アドレナリンの夜の感想 第5話『ドッペルゲンガー』

 

AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第5話 宮脇咲良主演「ドッペルゲンガー」の感想。

 

宮脇咲良 アドレナリンの夜 第5話 『ドッペルゲンガー』

2015年10月22日、1時41分 テレビ朝日。

宮脇咲良たんが主演を担当したAKBアドレナリンの夜 第5話「ドッペルゲンガー」をリアルタイムで観ていた。

 

僕は心霊やホラーは苦手だ。

なぜか?

理由は単純に「怖い」から。

 

洋画のゾンビ映画は大好きだし、スプラッター系ならば余裕で楽しめる。

だけど日本の心霊系の物語は怖い。

ジワジワ追い詰められる感じが苦手だ。

 

ちなみに僕は、現実世界において幽霊などは全く信じていないタイプの人間だ。

だけどフィクションの世界には何でも有なので、素直に物語入り込める。

 

今回、宮脇咲良が主演と担当したAKBホラーナイト アドレナリンの夜 5話「ドッペルゲンガー」を観た。

 

感想

ドラマ開始直後の冒頭では、宮脇咲良が可愛すぎてテンションが上がった。

アドレナリンの夜が”ホラードラマ”だということすら完全に忘れて、宮脇咲良の可愛らしい制服姿に見蕩れていた。

 

中盤になると、ホラー展開が進んでいき少しずつ恐怖感が出てきた。背景に度々現れるドッペルゲンガーにギョっとした。

親友が精神的にイった状態で包丁を持ち出した時は、ホラーというか、もはや物理的に怖かった。

親友あぶねぇな、こいつが一番怖いわ」 って思っていた。

 

その感想はまさにドラマの的を得ていて、この包丁を持ち出したイってる親友は、実はドッペルゲンガー本人だったのだ。

つまり、このドッペルゲンガーは知能犯で、偽物のくせに本物の演技をしていた。

 

主人公のである宮脇咲良(じゅり)は、ドッペルゲンガーに騙され、本物の親友をバットで殴り殺してしまった。

ドッペルゲンガーは元世界で宮脇咲良と折り合いが悪かったので、こちらの世界で復讐をしにやってきたのだという。

心霊的な怖さよりも、狂人に対する怖さを感じる話だった。

 

ところで、あのドッペルゲンガーが腹立たしい。

なぜかって?

それはもちろん、宮脇咲良を騙したからだ。

これはフィクションだと分かっているのだけれど、例え作り話だとしても、宮脇咲良が不幸になるのは見たくない。

 

視聴者である僕は宮脇咲良に感情移入していて観ていたので、最後の展開には驚かされた。

だけど、それは全て演技で作られたものだ。

それだけドラマの世界に視聴者を引きずり込んだ今回の演者2人は素晴らしい演技なのだと思う。

 

関連

 

人気投票

ところで、この40回近くにも及ぶアドレナリンの夜ドラマシリーズは、視聴者の人気投票もあるらしい。

人気投票で1位になると、来年のドラマの主演になるそうだ。

 

2位や3位では出演できないのだろうか?

AKB総選挙の”ノリ”で考えると1位が主演(センター)になる。

もしかしたら、2位や3位も、なんらかの役でドラマに出演できるのかもしれない。

なんにせよ、上位に入賞していればドラマは反響があったということなので、次に繋がるだろう。

 

今回のアドレナリンの夜第5話「ドッペルゲンガー」はとても良かったので、人気投票は宮脇咲良に入れようと思う。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.