30年前の福岡の天神にタイムスリップした・・・

tnpp02

 

 

やあ。

 

今日は1円である本を買ったんだ。

30年前の本なんだけどね。

 

gtn

 

 

「へぇ、なんだい黒髪少女。この化石みたいなのは。こんな古い本に価値があるのかい?」

 

価値はあるよ。

これは30年前にアメリカでベストセラーになった本―――の日本語訳だ。

たった1円で売ってて良い買物したと思ってる。中古だけど状態も綺麗だ。

 

「それで黒髪少女。本は面白かったの?」

 

それが・・・本を読むどころじゃないんだ。

聞いてくれ。

この本に挟んであった30年前のモノが気になってしょうがなくて困ってるんだ。

 

 

 

この本を読んで――まず最初に出てきたのがコレだ。

新潮社

 

 

新潮社の新刊案内――1984年4月号だ。

なんと30年前だぜ? しかも超綺麗なんだ。

 

この新刊案内を開いてみると

井上ひさしさんの「井上ひさし全芝居」

井上ひさし

 

 

「プロ野球グラフィティ’84」などが案内されてた。時代を感じさせるね。

新潮社84 x

 

「ふぅ~ん、僕はあんまり興味ないよ黒髪少女。 そんなことより”HKT48トンコツ魔法少女学院”の再放送を観ていいかな。病院の肝試しに行く回なんだ」

 

待つんだ、ここからが本題だから。

問題は次に出てきた方なんだ。

 

読み進めること数十ページ――もう1枚の奇妙な紙が挟んであるのを発見した。

これだ。

 

「サークルショップ たんぽぽ」 の案内

tnpp

 

 

時代を感じさせる冊子が挟んであった。とても綺麗な状態で。

平成っぽさはない――確実に昭和のものだ。

 

何故こんなものが挟んであるのか?

 

冒頭にも説明した通りこれは古本なんだ。

恐らく僕の前の持ち主――つまり約二十数年前の持ち主が「しおり」に使っていたんだと思う。

 

 

裏面を見て驚いた。

「サークルショップたんぽぽ」へのアクセスマップが記載されていた。

住所は――福岡市中央区天神3丁目――

tnpp02

 

福岡市・・・中央区・・・天神・・・。

どこかで聞いたことがあるワードが並んでいる。

福岡市とくれば、そうHKT48だ。

そして天神というのは、名曲”HKT48″の歌詞にもある「天神コア」の天神ではないのか?

 

つまりこの冊子は――

今から約30年近く前に・・・福岡の天神に実在した――店舗の案内なんだ。

 

こんな冊子を「しおり」がわりに挟んでいた前の持ち主は、天神の近くに住んでいたのかもしれない。

 

僕はこの時代を感じさせる「サークルショップたんぽぽ」の店舗案内をしばらく眺めたあと、いったん机の上に置いて読書を再開した。

 

だけど気になってしまう。

というのも僕は歴史が好きなんだ。昔のことに思いを馳せるのが好きというべきか。

例えば枕草子なんてずっと読んでいられるし――過去のことに思いを馳せるのが堪らなく好きなんだ。

 

だから30年前に実在した「サークルショップたんぽぽ」が――どんな街並みのどんな店構えで――どんなお客が来て――そこで暮らしていた当時の人々が気になってしょうがない。

そこで読書は一旦止めて調べることにしたんだ。

「サークルショップたんぽぽ」を。

 

 

どのように調べたかって?

 

僕はかつて地理学を履修していた時に学んだことがある。

それはGoogle+ストリートビューの偉大さだ。

これを使えば世界中に旅行できる。

 

たんぽぽの店舗案内に記載してある住所は「福岡市中央区天神3丁目8-2」だ。

それをGoogle+ストリートビューに入力すると――すぐさま周辺地図が表示される。

tnpp01

 

サークルショップたんぽぽの「福岡県福岡市中央区天神3丁目8-2」は

HKT48劇場のあるホークスタウンモール「福岡県福岡市中央区地行浜2−2−1」から近い。

 

 

tnpp03

 

およそ直線9500フィート(2895.6m)

2.9kmだ。とても近いね。

しかも「たんぽぽ」と「HKT48劇場」の経度がほぼ同じなんだ。東西に一直線の位置にある。なんだか奇妙だ。

 

 

それでは約30年前の店舗案内のアクセスマップと比べてみよう。

キーとなるのが、親不孝通り、ホテルアーク、安国寺 だ。

tnpp02

 

 

現代の地図

tnpp04

 

 

安国寺。

現代にもあった。

時代の変化と共に街並みが変わったとしても、お寺はたった30年程度じゃ変わらないだろう。

 

 

ホテルアーク

なんとこのホテルも現代に実在していた!

しかし異変に気が付く。

約30年前の地図では、ホテルアークは安国寺の西にあったはずだ。

現代の地図では安国寺のになっている。

 

ここで仮説⇒ ホテルアークは移転した。

(小規模だった旧館から、新たに大規模な新館を建設し、そちらに移転した可能性が高い)

 

 

それでは実際にGoogleストリートビューの仮想世界を旅してみる。

 

Googleストリートビューはこの現実世界がほ仮想的に再現されている。

しかも自由に移動できるんだ。

tnpp06

 

だけど・・・いきなり迷子になってしまった。

見なれない土地に飛ばされたので当然かもしれない。ここはどこだ。

 

tnpp08

 

やたら目立つアークホテルは発見した。

 

tnpp07

 

 

しかし――やはり30年前の地図と地形が違う。

現代のアークホテルは恐ろしく巨大なホテルになっていた。

周りを探しても天国寺がない。

混乱してきた。

 

 

電子の仮想世界を彷徨うこと30分、ようやくキーポイントを発見した。

「親不孝通り」だ。

こんな嘘みたいな名前が本当にあるのか疑わしかったが実在した。

tnpp10

 

ただし現代では親富行通りに改名されていた。 不を富にしたようだ。

右の看板の「あんみつ姫」って何だろう。うまそう。

 

 

30年前のアクセスマップによると、親不孝通りを東に進むと、安国寺があるはず。

tnpp18

 

 

 

見つけた。安国寺――を東側から見た風景。

 

tnpp11

 

 

30年前の地図によると、親不孝通りと安国寺を繋ぐ道に「サークルショップたんぽぽ」があるはずだ。

 

ここが、親不孝通りと安国寺を繋ぐ道。

tnpp15

 

 

「サークルショップたんぽぽ」のアクセスマップが示していた場所には、

広い駐車場と、民家と、マンションしかない。

 

tnpp19

 

ない。

 

現代に「サークルショップたんぽぽ」は無くなっていた。

 

しかし今から30年には――確かに福岡天神のこの場所に――実在していたはずなんだ。

「サークルショップたんぽぽ」が。

tnpp

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

ゆなな
黒髪少女プロフィール
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.