「傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ」攻略メモ ガーディアン・ミストレス 

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス 

 

ガーディアン・ミストレスおれまも」プレイ21日目。

 

緊急ミッション「傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ」をクリアしました。

攻略方法をメモしておきます。

 

主人公ランク84でした。

ガーディアンはカテ7,8メインです。

 

初手 主人公を衰弱 怒りATK1.5倍

 

開始したら、主人公を真上に走らせて殺させます。

主人公が倒れている間は、ガーディアンが「怒り状態」になり、ATK1.5倍になります。

 

 

アイドルつぼみ 必殺技を8発連打

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス 

 

明属性 アイドルつぼみ(カテゴリーⅦ)を出陣。

一応、メイド ハナの必殺技でATK UP(25%)しておく。

 

「ATK UP+怒り」 状態で、必殺技のストックを4発発動。

 

 

さらに2人目のアイドルつぼみを出陣

同様に必殺技のストックを4発発動。

 

合計8回の必殺技で、敵は残り3人。

 

 

熱属性 の狂乱ティアの捨て身の特攻

 

つぼみ必殺技8回ラッシュの後

静属性 のBOSSが2名残る。

 

つぼみは明属性なのでダメージが通らない。

 

そこで、熱属性 の「狂乱チアガール ティア(Ⅷ)」が敵に突っ込んでいって必殺技を3回。

静属性BOSS をほぼ沈ませる。

 

直後、狂乱ティアはユイに捕まって衰弱する

 

(補足)

この時に、狂乱ティアの遊撃に祈りはつけません。

ここでの狂乱ティアの役割は静属性 を屠るのが目的なので、そのまま戦略的に衰弱を見守ります。

 

 

熱属性ロックガールみゆき(Ⅷ) でキャッチ

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス  (1)

ユイは熱属性

そこで盾役も同じ熱属性でダメージ軽減させたい。

熱属性「ロックガールみゆき(Ⅷ)」を出す。

 

左下で待機させておくと、勝手にキャッチしてくれます。

(他のガーディアンが攻撃してターゲットを取らないように注意)

 

 

ユイの必殺技フューリーは、天使もえで打ち消し

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス  (5)

 

ユイが必殺技を使ってフューリー状態になると、

攻撃の詠唱時間が0になって、連続攻撃をしてきます。(恐怖)

 

まともに戦ったら、ジリ貧で盾役がやられるので、天使もえの必殺技を使ってユイのフューリー状態を解除します。

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス  (3)

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス  (6)

↑コンディションからフューリーが消えた。

 

(天使もえの必殺技のタイミングを早く撃ちすぎると、ユイの必殺技の無敵時間と被って効かないので注意。)

 

 

2祈り+2アタッカー+1天使もえ

傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ攻略メモ ガーディアン・ミストレス  (7)

 

最初は4人の祈りで手厚い介護で長期戦をしようかと思っていたのだけれど、

ユイの必殺技のサイクルが早すぎる!

 

天使もえの必殺技ストックが切れそうになったので、祈り2人をアタッカーにチェンジして、早期撃破に作戦変更。

 

 

「ハイパーメイド二宮沙樹(Ⅶ)」を、冷属性 「スウィートハート二宮沙樹(Ⅷ)」に変更。

 

熱属性ユイに、冷属性の二宮沙樹は、ダメージ1.5倍。

 

さらに、有利な暗属性の「カサンドラ ショウ(Ⅴ)」の必殺技でも攻撃。

しかし、カサンドラ ショウはカテゴリーⅤで弱いので、あまりダメージ入らず。

 

ショウの代わりに、明属性「ライトブリンガー サキ(Ⅸ)」 も必殺技を連発。

ショウ(Ⅴ)よりも効く。

やはりカテⅨは強かった。

 

そうこうしている間に、なんとかユイ撃破できました。

以上で「傀儡通り魔ウィッチ・ユイⅠ」の攻略メモを終わります。

 

この次のMAPのユイⅡは、次の緊急ミッションの時に挑戦してみようと思います。

 

⇒ 公式サイト

 

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 about

%e9%ad%94%e7%95%8c%e3%83%a8%e3%83%a1-2
黒髪少女プロフィール
声優・アイドル・欅坂46・アニメ・自作PCパーツ・山(登山)・運動が好き。
特技:可愛いものを見たときの感動を爆発させること。
return top
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.